日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)について

 

日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)は、昭和45年にリトルリーグから分離独立しました。

リトルリーグの発祥地、アメリカでは8月1日から翌年の7月31日までの誕生日を一学年として区分けしており、日本でもその区分けを踏襲しています。

そこでボーイズリーグは、4月1日から翌年の3月31日までの誕生月日を一学年とし、小学生、中学生でチームを分けて日本の学年制にあわせ、不合理をなくしました。

加盟チーム数は年々増えてきて、小学部119チーム、中学部610チーム加盟しており、本部直轄を含め41支部で構成されています。(平成30年2月現在)

 

現在は、日本最大の硬式少年野球組織(公益財団法人・日本少年野球連盟)に発展し、1982年(昭和57年)連盟の愛称が「ボーイズリーグ」となりました。

プロ野球選手の中には、ボーイズリーグ出身者がたくさんいます。(連盟のWebサイトへ

 

ボーイズリーグと他リーグとの違い
  ボーイズリーグ リトルリーグ 学童野球
使用球 硬式 硬式 軟式
球種

直球

スピードの変化

制限なし

直球

スピードの変化

塁間距離 22.86m 18.29m 23.00m
バッテリー間距離 15.367m 14.02m 16.00m

外野フェンス

までの距離

規定なし 60.95m以上

両翼70m

センター85m

離塁(リード)

制限なし

投球が本塁通過後

制限なし

※小学生は肘にかかる負担の大きい変化球の投球は禁止。

1日6イニング以内、連続する2日間で8イニング以内

※ダブルヘッダーでの連投は、投球回数を6イニング以内

 

ボーイズリーグ指定メーカー (連盟のWebサイトへ

日本少年野球連盟では、選手により安全で、より良質の野球用具を使ってもらうため、そうした製品を製作しているメーカーを指定しています。審査対象になる野球用具のすべてについて、これらの指定業者の製品を使用する事が義務づけられています。

ページ最上部へ戻る