チーム概要

○名 称: 北総ボーイズ (小学部)

○概 要: 硬式少年野球 クラブチーム

○所 属: 公益財団法人日本少年野球連盟 千葉県支部

○創 設: 2004年(平成16年)5月26日

○選 手: 26人(平成30年5月現在)

○拠 点: 千葉県印西市

○ホームページ: http://hokusoh.89dream.jp/

 

卒団生(OB)の活躍

読売巨人軍  重信 慎之介  外野手(背番号 43)

 

【甲子園出場】

○第2期生 重信 慎之介 先輩

 (早稲田実業学校高等部 2年生)

 第92回 全国高校野球選手権大会に出場

 

○第2期生 小野塚 崇晃 先輩

 (成田高等学校 2年生)
 第92回 全国高校野球選手権大会に出場

 

○第8期生 張替 悠希 先輩

 (佐久長聖高等学校 2年生)

 第98回 全国高校野球選手権大会に出場

 

 
チームの方針 ~監督のコメント~

1.野球好きに

野球は楽しい遊び(ゲーム)。

これは北総ボーイズの選手達のモットーです。

これが無ければ次に進めません。

 

2.ゆっくりとていねいに

まずは基本を大事に、形にこだわって指導しています。

小学生の子供には速さより正確さを求めます。

 

この2本柱を大事に指導しています。

 

小学生の低学年はまずは「野球って楽しい!」と思えるようにいろいろ工夫して練習(遊び?)しています。その中で投げ方、捕り方など指導していきます。

高学年からは、本格的な野球になりますが、北総ボーイズでは「速く」よりも「ゆっくりでもいいので丁寧に(基本に忠実に)」をモットーに指導しています。

小学生のうちに覚えた基本は後々の将来の野球人生に大きく左右されます。今それが勝敗につながらなくても、小学生時代に覚えた基本や形はそのまま大きくなってもプレイスタイルになっていきます。小学生時代の基本、形を大事にする理由がここにあります。

 

北総ボーイズのスタッフは《子供たちが野球が大好きでずーっと野球を続けてくれる》ことを目標にしています。たとえ良い投げ方であっても投げ過ぎると故障します。当然、硬式ボールなので当たると痛いです。スタッフも故障、ケガには十分注意しています。

 

低学年では「セーフティーボール(Tボール)」という柔らかいボールを使っています。また、北総ボーイズでは万一に備えAEDを常備しています。硬式野球だからこそ、ケガや故障をしない指導体制や万一に備えた準備を万全にしています。

 

サポート体制

医療法人社団育成會 北総栄病院のご協力により、北総ボーイズの試合・練習中におけるケガや急病に対する救急病院として、チームをサポートしていただけます。

所在地: 千葉県印旛郡栄町安食2421

ページ最上部へ戻る